加齢黄斑変性の原因である活性酵素を取り除く

加齢黄斑変性の原因は活性酵素の発生

 

加齢黄斑変性の原因を招くのは「活性酸素」と言われています。

 

「黄斑部」は、紫外線をまともに受けます。 そのため活性酸素が発生して、視神経の脂肪やタンパク質を酸化させます。

 

この時、目や体の中に「抗酸化酵素」や、酸化物を吸収・分解する酵素の量が充分であれば問題ありません。

 

 

ところが、老化やストレスによりこれらの酵素が不足していると、 黄斑部は活性酸素によりダメージを受けてしまい、黄斑変性症が発症します。

 

これに対応するためには、体内や目の抗酸化物質を増やすこと。

 

そのためには、抗酸化性の栄養素を積極的に摂ることが重要 です。

 

 

また、

 

 ・ 過激なスポーツ

 

 ・ たばこ、アルコールの飲み過ぎ

 

 ・ ストレス過剰

 

などに気をつけて、外出時にはサングラスを着用し、紫外線を受けないようにしましょう。

 

 

そして、最も重要なのが、食生活の見直しです。
緑黄色野菜はサプリメントと同様に加齢黄斑変性の発症を抑えると考えられています。

 

中高年に発症することから、肉中心の食事より、魚中心の食事の方が良いでしょう。

 

加齢黄斑変性になっていない人にも勧められますが、目に加齢黄斑変性が発症した人にはサプリメントの内服が強く勧められています。

 

 

 

加齢黄斑変性はルテインが効果がある

ルテインを多く含むマリーゴールド

ルテイン

ルテインは、動植物が持つ天然色素の「カロテノイド」のひとつで、黄斑にも存在する黄色の色素成分です。

 

カロテノイドには、活性酸素を除去する強い抗酸化力があり、ルテインも例外ではありません。

 

黄斑にルテインが存在するのは、目に入ってきた紫外線や青色光などの有害な光によって発生する活性酸素を防ぐためです。

 

 

 

ゼアキサンチン

ゼアキサンチンもカロテノイドのひとつで、橙色から黄色の色素成分です。
ルテインと同様に、強い抗酸化力があり、黄斑にも存在しています。

 

 

ビタミンA(βカロテン)、C、E

ビタミンA、C、Eには、どれも強い抗酸化力があります。
また、緑黄色野菜に豊富なカロテノイドのβカロテンは、体内でビタミンAに変化します。

 

 

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸とは、青魚に含まれる「DHA」や「EPA」、エゴマなどの植物油に含まれている「α-リノレン酸」などの脂肪酸の総称。
血液中の余分な脂質を減らし、血流をよくする効果があります。

 

網膜は、眼で捉えた視覚情報を処理するために、周辺組織の毛細血管から供給された酸素や栄養を、大量に消費します。

 

このため、これらの毛細血管の血流を良好にしておくことで、網膜の健康が維持され、加齢黄斑変性の予防に役立つのです。

 

 

亜鉛

私たちの体には、「SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)」という細胞内の活性酸素を分解する酵素が存在していますが、「亜鉛」は、このSODの構成成分になるミネラルです。

 

 

ルテインの詳細はこちら

 

 

 

トップページに戻る