ルテインの摂取で眼の老化を予防

ルテインは加齢黄斑変性など目の老化を予防

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドの一種。
植物が光合成を行うときに必要な色素です。

 

人間の体内では、網膜の黄斑部という場所に多く存在して、目の健康を保っています。
ルテインには加齢黄斑変性など目の老化を予防してくれる抗酸化作用があるのです。

 

 

ルテインは1日6mgほどが適量

ルテインの摂取量の目安はとくに決まっていません。
しかし、加齢黄斑変性などの予防効果を期待するなら、1日6mgほどの摂取が適量といわれています。

 

加齢黄斑変性 緑色の野菜が効果
ルテインはほうれん草やブロッコリー、小松菜、チンゲンサイなど濃い緑色の野菜に多く含まれています。

 

これらの野菜を少量の油で調理すると吸収力が高まります。

 

また、パプリカなどに豊富に含まれるビタミンC、にんじんや春菊に豊富に含まれるビタミンA、かぼちゃやパセリに豊富に含まれるビタミンEを一緒に摂ると抗酸化機能がアップ。

 

これらを組み合わせた料理がオススメです。

 

 

 

小林製薬のルテイン

加齢黄斑変性に小林製薬のルテイン
ルテインの配合量は10mgと少なめだが、それでも1日に必要な量を十分摂取できます。

 

「まだ効果は感じられない」などといった意見もありますが、「機能性表示食品というだけあって安心してつづけられる」「目のぼんやりがなくなった」などの意見も多数あります。

 

ルテイン配合量的には他の商品には劣るが、安全面とコストパフォーマンス的にはトップクラスの商品なので、長く続けていくにはもってこいのサプリかもしれません。

 

小林製薬のルテイン 詳細を見る

 

 

 

 

 

 

トップページに戻る