加齢黄斑変性を治すには生活習慣を改善する

加齢黄斑変性は生活習慣を改善して治す

加齢黄斑変性を改善するには、生活習慣を変えるのも効果があります。

 

私が取り組んだ事は、

緑黄色野菜を毎日積極的に摂ること。

 

・欧米的な食事を減らして、日本的な食事を多くする

 

野菜ジュースとルティンのサプリメントを毎日飲む

 

・できるだけストレスを溜めない
(これは大切です)

 

どうでしょうか、これなら出来そうではありませんか?

 

 

 

途中失明の恐怖から逃れる3つ大事なこと

(1) 禁煙加齢黄斑変性を治す | 生活習慣の改善が重要
喫煙している人はしていない人に比べて加齢黄斑変性になる危険性が高いことが分かっています。

 

私は喫煙していなかったのですが、喫煙はどんな病気にも影響があるみたいですので、禁煙は勧められます。

 

 

 

(2) サプリメント加齢黄斑変性 小林製薬のルテイン
ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、亜鉛などを含んだサプリメントを飲むと加齢黄斑変性の発症が少なくなることが分かっています。

 

加齢黄斑変性になっていない人にも勧められますが、一方の目に加齢黄斑変性が発症した人にはサプリメントの内服が強く勧められます。

 

 

私は、ルテインのサプリメントを飲み始めて、3か月目からゆがみが改善された体験者です。
費用も1日換算すると安いものです。

 

 

 

緑黄色野菜メニュー(3) 食事
緑黄色野菜はサプリメントと同様に加齢黄斑変性の発症を抑えると考えられています。

 

欧米的な肉中心の食事より、魚中心の和食や野菜の食事をおすすめします。

 

これは、血糖値にも関係してきますので、若い時から気をつけてください。

 

小林製薬のルテイン

 

 

 

トップページに戻る