眼科専門医座談会でも加齢黄斑変性にはルテイン

眼科専門医座談会でもルテインを推奨しています

加齢黄斑変性症のことが新聞に掲載されていましたので引用します。

 

目の健康維持を考える・・・・・眼科専門医座談会から

日常の生活で予防心がけ早期発見のための受診を

 

◆眼科医会理事 A氏
50歳以上の約80人に1人といわれるように最近増加している病気が加齢黄斑変性症ですね。

 

◆医科大学の先生 B氏
加齢黄斑変性症は文字通り、加齢と大きく関係していますが、実はそれ以外の危険因子もあります。

 

喫煙や食生活の欧米化などの生活習慣です。

 

最近はIPS細胞の研究が注目されており、加齢黄斑変性症の患者さんの期待も高まっていますが、現実的には病気にならないように予防することが一番大事です。

 

いったんこの病気にかかると、完璧に治すことが難しいとされています。

 

まずは食生活など日常の生活習慣を見直してください。 

 

特に喫煙はいけません。 ぜひとも禁煙に努めましょう。

 

また、最近はこの病気への予防効果が期待されるサプリメントも普及していますので、工夫して食生活に取り入れてみることもいいと思います。

 

 

この様な座談会でも、サプリメントの効果を語られています。

 

完全に治すことが出来ない病なら、ルテインを飲んで少しでも改善に努めるのが良いですね。

 

食生活の改善は、現代のどんな病気でも関係があるようです。

 

> 小林製薬 加齢黄斑変性にルテイン

 

 

 

トップページに戻る