ブルーライトも加齢黄斑変性の原因になる

携帯やパソコン・テレビなどのブルーライトから目を守る

携帯やパソコン・テレビなどのブルーライト
もはや生活の一部になっている携帯・テレビ・パソコン。

 

テレビ、携帯電話などからブルーライトと呼ばれる、強い光が発せられています。

 

“ルテイン”には強い抗酸パワーがあるため、“天然のサングラス”とも呼ばれます。

 

しかし、近年増加するブルーライトの影響で今まで以上にルテインの減少を招いていると考えられます。

 

 

 

携帯やパソコン・テレビなどのブルーライトカット私は、パソコンを1日5時間くらいしますが、その時はブルーライトをカットするメガネをかけています。

 

そんな中、ルテインも毎日飲んでいますので、67歳の現在でもメガネなしで新聞も読めます。

 

 

最近はこのようなブルーライトカットメガネも、格安で販売されていますのでお試しください。

 

 

私たちの目は紫外線以外にもたくさんの光にさらされダメージを受けています。

 

ルテインには強い抗酸パワーがありますので、ルテインで内側からしっかりケアして、目を大切にしていきたいですね。

 

 

 

体が老化すると目も一緒に老化しますが、目だけは一生見え続けたいですよね。

 

目が悪くなると、どうしても目だけの治療に集中してしまいますが、実はそれだけで解決することはできません。

 

 

いずれにしても、黄斑変性症が発症した場合、

黄斑変性症 進行を食い止める ・ 症状の進行を食い止める

 

 ・ 新生血管を発生させない

 

 ・ 網膜細胞を強化させる

 

 ・ 弾力のある毛細血管を取り戻す

 

これらに注意して血流をよくすることが重要になり、そのためにもルテインの摂取が大切になるのです。

 

 

それには食生活の改善や、抗酸化性物質など、有効な栄養素を積極的に摂取することが必要になります。

 

小林製薬のルテインは、「機能性表示食品」で目の網膜(黄班部)の健康維持に役立つという研究結果が消費者庁に受理されました。

 

くっきり鮮やかな視界を求める方はぜひお試しください!

 

小林薬品のルテイン 詳細を見る

 

 

 

トップページに戻る