加齢黄斑変性の検査だけでは治りません

病院で加齢黄斑変性の検査だけでは治らない

実際に私が医科大学病院で行った検査です。

 

視力検査(1) 視力検査
他の目の病気と同様に視力検査は重要な検査です。

 

加齢黄斑変性では視力低下が起こります。

 

 

 

(2) アムスラー検査
碁盤の目のような(方眼紙のような)図を見てもらい、格子のゆがみを調べる検査です。

 

変視症を早くから検出することができます。

 

簡便な検査で、自宅でもできますので、私はもらったこのシートで、絶えずチェックしていました。
(片眼ずつ検査する必要があります)

アムスラー検査

 

 

 

(3) 眼底検査
眼科医が網膜の状態を詳しく観察する検査です。
網膜の状態が詳しく分かり、出血や新生血管が分かります。

 

記録のために眼底カメラで眼底写真に保存することがあります。

 

眼底検査

 

 

 

(4) 造影検査
静脈から造影剤を注入した新生血管などの状態を詳しく調べる検査です。フルオレセイン造影検査とインドシアニングリーン造影検査の2種類の検査があります。

 

いずれの造影検査も連続して何枚もの眼底写真を撮影したり、動画で連続して撮影したりします。
何か怖い感じがしますが、痛くもないし直ぐに終わります。

 

眼底の造影検査

眼底の造影検査

 

 

 

(5) 光干渉断層計 → この検査は私はしていません。
もともと、網膜の断面を調べる検査ですが最近の機械では網膜の断面を連続して撮ることにより、網膜やその下の新生血管などの状態を立体的に把握することができます。

 

短時間で検査ができ、造影剤を使わないので患者さんに負担が少ない検査です。
負担が少ないので頻回に検査を行うこともできます。

 

光干渉断層計

 

小林製薬のルテイン

 

 

トップページに戻る