加齢黄斑変性の治療はルテインが最善の方法

加齢黄斑変性でレーザー治療がなぜダメなのか?

 

レーザー治療したら見えなくなるのは分かっていること

 

加齢黄斑変性 症状現在の病院の治療は、薬も無くてレーザー治療に頼るしかありません。

 

ノーベル賞のIPS細胞で臨床試験されていますが、一般的にはまだまだ先ですよね。

 

しかし、レーザー照射で進行を止めることしかないのですが、手術箇所が焼けて視力が黒くなり見えなくなるのです。

 

 

あなたはそれを許されますか? 
私は怖かったので、ルテインのサプリメントを飲む方法を選びました。

 

医師から言われ時は、ちょっと冷静に考えて行動を起こすことも大切ですね。(私の経験から)

 

 

 

現在の加齢黄斑変性の治療とは

加齢黄斑変性の治療
(1)萎縮型の加齢黄斑変性
残念ながら萎縮型の加齢黄斑変性には現在のところ治療方法はありません。

 

 

(2)滲出型の加齢黄斑変性
滲出型の加齢黄斑変性にはいくつかの治療法があります。

 

治療の目的は脈絡膜新生血管の拡大を抑え退縮させ、視力を維持あるいは改善することです。

 

しかし、視力が良くなることもありますが、視力が正常になることはほとんどありません。

 

このように加齢黄斑変性の治療方法で、現在のところ完全に治る事は無いということですが、唯一言われているのが ルテイン を摂ることです。

 

こちらに眼科専門医座談会からの記事があります ⇒

 

抗血管新生薬療法

新生血管の成長を促す物質のはたらきを抑え、新生血管の成長を止めて消退させる。
この治療法は、一旦低下した視力の改善が期待でき、かつ視力の良いうちからでも治療が開始可能な、画期的な治療法として、現在は主流となっています。

 

レーザー光凝固

レーザー光線を、新生血管のあるところに照射します。
新生血管の成長を止めることができますが、同時に網膜も凝固されるため、照射したところの網膜では、ものが見えなくなります。

 

サプリメント

加齢黄斑変性の進行予防に使用されることもあります。

 

ノーベル賞のiPS細胞を使った研究

最近、滲出型の加齢黄斑変性にiPS細胞を使って作ったシートを移植して視力を維持、改善する治療方法の研究も進められています。

 

テレビでの報道では、すでに治療は行われたそうですが、結果は未だ聞いていません。

 

ルテインで改善した

 

 

トップページに戻る