加齢黄斑変性 ルテイン 改善 

黄斑変性症のチェック方法

黄斑変性症という病気を、ここで簡単にチェックをしてみましょう。

 

黄斑変性症のチェック アムスラーチャート

 

 

1.部分的に線が曲がって見える

 

2.部分的にゆがんだり、ぼやけてる

 

3.格子が部分的に欠けて見える

 

いかがでしょうか。

 

左右それぞれチェックした結果、 1つでも当てはまる事項がある場合、黄斑変性症の可能性があるので、 眼科の診療を受けてください。

 

 

 

 

 

 

中高年層に増え続けています

黄斑変性症 中高年層に増える
黄斑変性症の症状は、50才を過ぎたころから見られ、60〜70代が最も多い眼の病気です。

 

いままで何の病気にもかかったことがなく、 視力も良かったのに突然発病した、という例が多くみられます。

 

 

私は歪んで見えだしたのが、52歳でした。

 

 

加齢にはまだ早いのですが、診断は「加齢黄斑変性」という結果で、この眼病は、老化が原因の現象です。

 

 

年齢とともに減少するルテイン。

 

40歳をさかいに急激に減少し、50歳では若いときにくらべて約半分程度にまで減ってしまいます。

 

 

加齢黄斑変性症は、アメリカなど欧米においては、途中失明原因の一位となっていましたが、 政府あげての対策が功を奏して、改善に目処がついています。

 

また男性の発症率が多く、女性の約2倍もあると言われてます。

 

 

 

あなたの目、使いすぎていませんか?

黄斑変性症 目の使い過ぎ

夕方になると目が視力低下する
パソコン仕事で目を酷使している
近くのものを見るとき、ピントが合いにくい
小さな文字をストレスに感じるようになった
目の使い過ぎで片・首筋がパンパン
目が乾いて、まぶたがゴロゴロする

 

 

 

眼病で悩んでいる方が急増しております。

 

価格が多少高くても『きちんと実感できる最高のものを』

 

そんな切実なお声にお応えするため、こちらをご覧ください。

小林製薬のルテイン

 

 

トップページに戻る